So-net無料ブログ作成

ロト6とミニロトの売上金の行方 [ロト6]

宝くじ、LOTO6 やMINI LOTOを購入した場合の売上げ金(収益金)の振り分けは次のようになります。



私たちが購入しているLOTO6やMINI LOTOの売上金は「当選金」として45.6%が当選者に支払われます。

そして、40.2%が「収益金」として、発売元の地方自治体に納付されます。

残り、14.2%の売上金が「必要経費」として、販売手数料や広告費となります。



その売上金(収益金)は発売元の全国都道府県及び19指定都市(地方自治体)へ納められ、

公共事業等のために使われます。

売上金(収益金)の使途は、発売元別にそれぞれ定められていますが、

教育施設、道路、橋りょう、公営住宅、社会福祉施設の建設改修費等といったところが主なものです。





さて、世の為になっているお金の話は置いといて(笑)我々の夢のお金の話をしましょう。

気になるところで、宝くじ、LOTO6やMINI LOTOの当選金には税金がかかりません。

公営ギャンブルの場合は、一時所得金として課税されます。(申告しなければなりません)




例えば、スポーツ選手が年棒4億円をまるまる手にするには、約2倍の8億円ぐらいの報酬が必要です。

しかし、LOTO6では当選金4億円という、めまいがしそうな大金をまるまる手にすることができるのです。

その高額当選金は、がっぽり懐に収めることが出来ます。




宝くじに税金がかからない「非課税扱い」がどんなに大きなポイントか、おわかりいただけるでしょうか?

国に収益金を捧げるのも素晴らしいことですが、

そろそろ、高額当選金を本気で当てにいく究極の予想ソフトはいかがでしょうか・・・





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。